早わかり新公益法人制度

公益法人の注意点

一般社団法人や一般財団法人のデメリットは何ですか?

【カテゴリ】公益法人のメリットとデメリット 【最終更新】2009-12-25

  1. 寄附金控除の適用が受けられない。
  2. 1.以外にも税制優遇措置が受けられない。
  3. 社会的信用が公益社団法人や公益財団法人に比べて見劣りする。
  4. 剰余金の分配ができない。
  5. 法人の運営に一定の制約を受ける。(ただし、非営利型法人のみ)
 公益社団法人や公益財団法人と大きく異なるのは、税制優遇措置の扱いです。また、登記だけで設立できることから社会的信用も見劣りするので、補助金や助成金等の獲得時に不利益を被る可能性があります。

  1. 【次→】 公益社団法人や公益財団法人のメリットは何ですか?
  2. 「公益法人の注意点」目次

スポンサード リンク


「早わかり新公益法人制度」運営者 (お問合せ先)

MAバンク
TEL:0852-25-5784
E-mail:info@ma-bank.com
スポンサード リンク