早わかり新公益法人制度

公益法人の注意点

設立等の手続きは容易ですか?

【カテゴリ】設立(移行)と申請(公益認定) 【最終更新】2011-03-07

  1. 一般社団法人や一般財団法人の設立は容易ですが、
  2. 公益社団法人や公益財団法人の認定は困難です。
 公益法人制度改革が行なわれた結果、平成20年12月1日より、社団法人や財団法人は二階建て方式になりました。すなわち、
  1. 第一段階として、一般社団法人や一般財団法人を設立し、
  2. 第二段階として、公益社団法人や公益財団法人の認定を受ける
形式です。

 一般社団法人や一般財団法人の設立は、株式会社とほぼ同様で、公証人や登記所による定款のチェックが行なわれるだけで、行政庁による許認可は不要です。

 公益社団法人や公益財団法人は、内閣府や都道府県の公益認定等委員会による監督等を、毎年継続的に受ける必要があります。

  1. 【次→】 行政庁の監督等はありますか? 公益認定が取消されることはありますか?
  2. 「公益法人の注意点」目次

スポンサード リンク


「早わかり新公益法人制度」運営者 (お問合せ先)

MAバンク
TEL:0852-25-5784
E-mail:info@ma-bank.com
スポンサード リンク